薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

dummy

AGAに関するQ&A

AGAに関するQ&Aをまとめました。

AGAってただの薄毛とは違うの?

AGAは男性に起こる薄毛症状の一種です。AGAに関するテレビコマーシャルなどを多く見かけるようになった昨今、薄毛症状の枠を逸脱した新たな病気のような印象を受けがちですが、AGAは薄毛症状のうちの一つに過ぎません。ただ、AGAで悩む人の多さや、パターン化しているその進行パターン、多様化した治療方法など、注目される要素が多いのは事実です。
頭皮の皮脂トラブルや、生活習慣の乱れ、過大なストレスなど、薄毛に繋がる要因は実にさまざまですが、AGAでの脱毛の要因は男性ホルモンです。老若男女問わず、誰もがもつ男性ホルモンのテストステロンが、頭皮においてジヒドロテストステロンに変換されることで起きてしまうのが、このAGAなのです。

AGAって遺伝する?

A. AGAは遺伝します。AGAの主な原因となっているのは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンですが、これはもともと体内にあるものではありません。このジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが変化した男性ホルモンです。この変化を司る酵素や受容体に、遺伝が大きく関与しているとされています。
ここでいう酵素とは、5αリダクターゼという頭皮にある酵素です。テストステロンが頭皮で5αリダクターゼと結びつくと、AGAの主犯のジヒドロテストステロンができてしまうのです。5αリダクターゼがどれほど働くのかは、遺伝によるものとされています。
そして受容体とは、ジヒドロテストステロンを毛乳頭細胞にくっつけてしまうアンドロゲン受容体です。アンドロゲン受容体の活発程度も、遺伝によるものとされているのです。

AGAって中年男性に限った症状?

薄毛は中年男性に見られる症状という印象は根強いですし、実際、薄毛人口の多くを占めているのは中年男性です。でも最近では、若い世代の男性にもAGAの症状が現れることは珍しくありません。AGAを発症する年代が幅広くなってきているため、10代~20代のAGAを「若年性脱毛症」、30代以降のAGAを「壮年性脱毛症」と呼び分けることもあります。
若年性脱毛症には、早めの治療が効果的とされています。10代~20代と多感で周囲の目がとても気になる時期に、薄毛で悩んでいるのはいやですよね。AGA治療はあれこれ手あたり次第試せるほど、安価な治療じゃありません。自分にとって最適な治療を効果的におこなうには、専門医に相談してみるのが無難でしょう。
また、壮年性脱毛症に比べて、対策も取りやすいとされています。AGAの主な要因は男性ホルモンですが、若年性脱毛症の場合は、ストレスや生活習慣の乱れによるものも多いようです。ストレスを解消できるように気分転換したり、健康的な生活を送れるように意識すると、若年性脱毛症の対策に繋がります。
ついつい不規則な生活になってしまいがちな若い世代の皆さん、将来のあなた自身の髪の毛のために、早めに生活を見直してみましょう。

AGAかもしれない…クリニックへ行くべき?

AGAは進行性の薄毛症状です。つまり、放っておくとどんどん薄毛が進行してしまうのです。症状の進行をわずかでも食い止めたい、少しでも改善したい、という人は、クリニックに足を運んでみるといいでしょう。多くの男性がAGAに悩んでいますので、その治療方法も大変多様化されています。自分の症状や体質にとって最適な治療方法を、自分の力で選定するのはなかなか難しいです。専門医師によるカウンセリングでは、最適な治療方法を提案してもらえるのはもちろんのこと、周囲に相談しづらいAGAの悩みを口に出して話すことで、AGAの症状へのストレス軽減にもなりますよ。
また、現在のところまだAGAらしき症状は見られないけれど、将来的に症状が出るのが不安、という人にはクリニック以外に、サロンもおすすめです。サロンでは、医学的な処置はおこなっていませんが、頭皮の血行を促進するマッサージや洗髪をしてもらうことができ、ヘッドスパの要領でリラックス効果を味わえるので、AGA対策に限らず、ストレスが要因となる場合の薄毛症状には効果的なようです。

女性でもAGAになる?

A. AGAとは「男性型脱毛症」であり、男性特有の薄毛症状のことを指しますので、女性が男性と同じようなAGAになることはありません。ただ、FAGAと呼ばれる「女性男性型脱毛症」という薄毛症状があります。これは、男性ホルモンが影響を及ぼす女性の薄毛症状のことで、「びまん性脱毛症」と呼称されることもあります。
男性のAGAとの大きな違いは、その薄毛症状の出方。AGAでは、ある程度パターン化された症状で、前頭部や頭頂部の髪の毛が部分的に薄くなりますが、FAGAはこういった部分的な薄毛ではなく、範囲としては頭全体の髪の毛が薄くなります。そのため、FAGAの印象としては、全体的な髪の毛のボリュームダウンが言えるでしょう。FAGAの主な要因は、加齢、あるいはストレスなどにより女性ホルモンが減少してしまい、男性ホルモンが女性ホルモンに対して優勢になってしまうこと。生活習慣や食生活を健康的に送れるように意識したり、ストレスを解消することで、予防・改善の効果がありますよ。

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛