薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

AGAとは

最近テレビCMや雑誌でも耳にするようになった「AGA(男性型脱毛症)」。植毛情報まとめ.comでは、AGA(男性型脱毛症)の原因や、対策・予防、そして気になる治療方法などのAGA(男性型脱毛症)情報を紹介しています。あなたのAGAに最適な解決策を一緒に探していきましょう!

朝起きたら枕カバーが抜けた髪の毛だらけだった…髪をとかしたらブラシに髪の毛がたくさん…。
ふと鏡を見ると、あれ?おでこが広くなったかも…。そんなあなたはもしかしたらAGAかもしれません。

最近では、テレビCMや雑誌などでも耳にする機会が増えたAGA。
日本の薄毛・抜け毛人口は、1000万人以上で、そのほとんどがAGAと考えられています。
AGA(エイ・ジー・エー)とは、「Androgenetic Alopecia」の略で、薄毛の症状のひとつである「男性型脱毛症」のことを指します。その名の通り、男性に多くみられる脱毛症です。

一般的にAGAは、主に中年男性に見られる薄毛症状で、おでこの生え際または頭頂部の髪がどちらか一方、またひどいと両方から薄くなっていきます。他にもいくつか脱毛パターンがあり、その症状や進行度によって取るべき対策・治療方法が異なります。
そして、AGAは進行性です。一筋縄ではいかないのがAGAなんです。
植毛情報まとめ.comでAGAの基礎知識や、自分のAGAの進行パターンや、症状の進行具合もきちんと把握しましょう。

近頃では、AGAはおじさんだけの症状ではなくなってきました。20代、中には10代からAGAの症状で悩んでいる人もいます。
こうして若くしてAGAを発症することがあるため、AGAは「若年性脱毛症(若ハゲ)」と「壮年性脱毛症」の2つに大別されています。

なぜAGAは発症するのでしょうか?
髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり、成長期・退行期・休止期の3つの段階を経て、抜けたり生えたりを繰り返しています。
この毛周期が乱れ、成長期が短くなってしまうことで脱毛が起こります。これに直接的に影響しているのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンなんです。だからAGAは「男性型脱毛症」なんですね。
この「ジヒドロテストステロン」、「テストステロン」という男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によって変化し生成されます。
AGAの主な原因はこのジヒドロテストステロンにあるとされています。
他にも、食生活やストレス、運動不足などもAGAの発症に影響していると言われています。

そしてなんと…AGAは女性にも起こる脱毛症なんです!
先ほど、AGAは「男性型脱毛症」のことで、男性によく見られる脱毛症であるとお話しました。でも、最近では女性がAGAで悩むことも珍しくないんです。
これは、男性のAGAと区別して、FAGA(「女性男性型脱毛症」)と呼ばれています。
AGAは男性ホルモンによる薄毛症状ですが、FAGAの場合、AGAとは少しメカニズムが異なり、症状もまた違います。加齢や妊娠・出産などによるホルモンバランスの乱れが主な原因であるとされています。
部分的にある程度決まった進行パターンで髪の毛が薄くなる男性に対し、FAGAは髪の毛が細く軟弱化し、頭の全体に薄毛症状がでます。また、進行性であり髪の毛が減り続ける男性に対し、FAGAの場合、減り続けて髪の毛がなくなってしまった!なんてことはありません。

さて、気になるのはその対策方法や治療方法ですよね。
費用もかからずに簡単にできるAGAの代表的な対策方法と言えば、生活習慣の改善!普段から意識して健康的な生活を送るよう心掛けることで、AGAやその他の薄毛症状の対策がとれます。

対策や予防をしてもその効果が得られないときは、AGA治療が有効!
内服薬、育毛剤、植毛などAGAの治療方法は様々です。多様な治療方法があっても、その中から自分の症状にあった適切な治療を選択できなければ、お金をかけて治療してもあまり効果はありません。
育毛クリニックでは、まず内服薬での治療を提案されることが多いようです。これは5αリダクターゼを抑制することで、脱毛を防ぐというものです。
また育毛剤は、あらゆる角度から育毛に働きかけます。
頭皮の血行を良くして毛母細胞や毛根に栄養が届きやすくする働きや、皮脂を適切な量にコントロールする働き、またAGAの主原因であるジヒドロテストステロンを抑制する働きなど、育毛剤治療では、AGAへのあらゆるアプローチを期待できます。
そして、症状によっては植毛を取り入れるのが効果的なこともあります。
外科手術となりハードルが高いイメージがありますが、植毛によるAGA治療を受けている人は意外とたくさんいますよ。

AGA治療に用いられる内服薬や育毛剤は、自分の体質・頭皮に最適な治療方法を選ばないと副作用を起こすおそれがありますし、AGA治療は保険が適応しないので決して安くありません。焦らず複数のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。中には、AGA専門のクリニックもあります!納得のいく治療を信頼できるクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

いかがでしたか?
この植毛情報まとめ.comでは、AGAについてさらに掘り下げて解説したページをたくさん用意しています。
まずはAGAの基礎知識を身に着け、自分の症状を理解・把握すること。そしてまだAGAでは悩んでいないけど…という人も、できる対策は積極的におこなっていきましょう!いろんなページをチェックしてみてください。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛