薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

植毛手術の最先端ロボット「ARTAS」とは?

  • 公開日:2017.04.14

薄毛にお悩みの方ならば、一度は植毛手術を考えた経験があるはずです。
最近では確率も良く、根付いてくれることも多いので、なおさら心が惹きつけられるでしょう。
植毛手術は死を覚悟するような手術ではありません。
医療保険もきかない美容整形や歯の矯正と同じ扱いです。
手術とはいえ身体への負担、危険度が低いと思われます。成功率も高く、危険も少ないのであれば、手術に踏み切る敷居もまたぎやすいでしょう。
しかし、やるからにはより高い成功率、安全などを求めたいものです。
そこで、近ごろ注目されているのがARTAS(アルタス)です。
自毛植毛をするためのロボットで、人の手による手術の小さなミスも大幅に減らすことができるといわれています。
「機械なら安心」と思うかどうかは人それぞれでしょうが、手術の負担を軽くできるのは嬉しいですね。
この記事ではARTASについて、その手術方法や予算、メリットとデメリットなどについて考えてみたいと思います。

ARTASは根づいてくれる髪を採取する

ARTASは現在20か国程度の国で導入されているそうです。
日本での初導入は2013年ということで、歴史的にはまだ浅いということになるでしょう。
当初は「スマート植毛」などと謳われ、負担の軽い新技術として認識することが増えてきています。
自毛植毛は後頭部や側頭部の自毛を、薄い部分に移し替えるというものです。
つまり毛を抜く作業と、その抜いた毛を別な部分に植える作業の二工程で行われます。
毛根ごと植え替えをするので、根付いてくれれば薄い部分で成長してくれるのですが、例えば下手な抜き方をした自毛だと、うまく根付かないこともあるのです。
ARTASは、その抜く作業を行うロボットと考えてください。
まず、ARTASはCCDカメラで撮影した頭皮をデジタル画像にして、髪の密度・本数・生え方などを細かく解析します。
それを基に、しっかりと根付いてくれそうな元気な髪を選び出し、元の外観がなるべく変わらないように配慮しながらロボットアームが的確に採取します。
ロボットの正確さで行うので、毛根を傷つけることも少なくなり、結果的に根付きやすい=成功率の高い手術となるわけです。

傷や痛みが気になるならARTASを選ぼう

ARTASは現在20か国程度の国で導入されているそうです。
日本での初導入は2013年ということで、歴史的にはまだ浅いということになるでしょう。
当初は「スマート植毛」などと謳われ、負担の軽い新技術として認識することが増えてきています。
自毛植毛は後頭部や側頭部の自毛を、薄い部分に移し替えるというものです。
つまり毛を抜く作業と、その抜いた毛を別な部分に植える作業の二工程で行われます。
毛根ごと植え替えをするので、根付いてくれれば薄い部分で成長してくれるのですが、例えば下手な抜き方をした自毛だと、うまく根付かないこともあるのです。
ARTASは、その抜く作業を行うロボットと考えてください。
まず、ARTASはCCDカメラで撮影した頭皮をデジタル画像にして、髪の密度・本数・生え方などを細かく解析します。
それを基に、しっかりと根付いてくれそうな元気な髪を選び出し、元の外観がなるべく変わらないように配慮しながらロボットアームが的確に採取します。
ロボットの正確さで行うので、毛根を傷つけることも少なくなり、結果的に根付きやすい=成功率の高い手術となるわけです。

普及率のアップが今後の鍵

ARTASはまだまだ歴史が浅く、導入している医院やクリニックは多くありません。
医院探しで苦労することは覚悟しなければならないでしょう。
施設の豊富な都市部ではどうにかなるでしょうが、地方であれば地元で手術できる可能性は低くなります。
あまり家を離れられない人には、少々厳しいことにはなるでしょう。
普及率の低さは、必然的に治療費の増加につながります。
ARTASでの手術は、同じ本数の移植でも医師がやる場合に比べ、費用は数倍になるのが現状です。
ただでさえ高額な植毛手術、出費を抑えたい人にとって、この料金は最大のネックとなることでしょう。
ARTASの普及率が増え、料金も下がってくることを期待したいものです。
ARTASでは前述したように頭皮の撮影の際、髪を短くする必要があります。
短くカットされることを嫌うのであれば、この方法も使えないことになります。
また、撮影や自毛の採取をするのに、同じ姿勢をとっていなければなりません。
機械ですから、臨機応変に対応しにくいのは仕方がないのですが、これもデメリットのひとつに加えられそうです。

ARTASでの手術が増える予感

植毛手術を革命的に変えたARTASについて見てきました。
参考になりましたでしょうか。
手術が楽、術後の心配も少ないということで注目を集めるARTASですが、まだ気軽に受けられるという段階までは時間がかかるようです。
ARTASについては薄毛に悩む芸能人などがメディアで興味を示していて、導入する医院やクリニックも増加傾向にあるようですから、今後の普及にも期待は持てるかもしれません。
髪の悩みは古今東西普遍的なようで、新技術がどんどん生み出されています。
ARTASもそのうちにもっと簡単に行える時代が来るよう祈りたいものです。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛