薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

夏が危ない――冷房と抜け毛の関連性

  • 公開日:2017.04.14

連日30℃を超える猛暑が続く日本の夏。水に恵まれた日本ですが、夏はその豊富な水分が湿気となって、気温とともに人々を苦しめます。「クーラーがなければ生きてゆけない」という人も多いでしょう。もし、そのクーラーが抜け毛を促進させると言ったら・・・。
「まさか」と思われるかもしれませんが、実際にクーラーは抜け毛の原因となるのです。冷たい風に当たることで体調を崩す人が少なくないのはご存知の通り。体調に影響があるほどのものが、髪にいいわけがありません。
誰だって毛が抜けるのは困ります。薄い人なら数少ない髪の毛をこれ以上奪われたくないでしょう。
しかし、あのつらい夏場に、クーラーを使わないなんてとても考えられないことです。日本の厳しい夏は殺人的で、熱中症で犠牲となる人も毎年いるのですから、いくら髪の毛のためとはいえ、命のことを考えたらクーラーを止めるわけにはいきません。対策を練らなければならないようです・・・。

夏は髪にもつらい季節だった!

対策を講じる前に、まずは「なぜ冷房は髪に悪いのか」を考えてみましょう。
第一に湿度の問題があります。湿気の高い夏ですが、それは屋外に限ったこと。冷房の効いた室内は空気もキンキンに冷えています。冷たい空気は保湿力が低下するので、室内は外とは逆に乾燥しています。冬に乾燥するのと同じ理屈ですね。
涼しい部屋では頭皮が乾燥して、皮脂の過剰分泌やフケの原因となるのです。頭皮がこんな悪条件では抜け毛も増えるというものです。
第二に寒さによる代謝の悪さ。血行不良を起こし、髪に栄養が行き届かなくなります。
これは冷え性と同じことで、髪にいいはずがありません。
第三に体温の低下。涼しくしているのですから、当然体温は下がることになります。
時々、クーラーの風が寒く感じることがあると思いますが、服を着ている身体が寒いのですから、露出している頭皮はさらに冷たくなっています。
ここでも血行不良を加速させることになり、頭皮のトラブルを引き起こします。
髪は暖房の役目もしますから、髪量の豊富な人より、薄毛の人のほうが冷風のダメージは大きくなります。
これらの理由に、夏場の紫外線の強さ、食欲不振による栄養不良がさらに拍車をかけるという悪循環。夏は髪にも過酷な季節といえるでしょう。

クーラー対策は位置変えと血行の回復

冷房が抜け毛の要因となるなら、もっとも確実な対策はクーラーを使わないことです。
しかし「そんなことを言われても・・・」となるのは当然でしょう。クーラーはもう夏の必需品となっていますから、なしにすることは考えられません。
そこでポジションを考えてみる手があります。自分の居場所、あるいはクーラーの設置位置を変えることで、なるべく冷風が頭に直接あたるのを避けるのです。
会社の自分のデスクが悪い位置にあるという場合は難しいかもしれませんが、椅子の場所をわずかに移動する、時々は席を外すなど対策をとることができます。飲食店などでもクーラーの位置を確認し、できるだけ直風のあたらない席を選びましょう。
また、時折頭皮をマッサージしてあげるのも有効です。指の腹で軽く、ゆっくりと頭皮をもみほぐし、血行の回復をはかります。口を開けたときに耳の下にできるくぼみ部分や、耳の後ろの凹んだ部分などは、頭皮の血行をよくするツボとなっています。そこを指圧するのもいいかもしれません。
しかし、やはり一番はクーラーの多用を抑えることです。扇風機でなんとかなりそうな暑さなら、少し我慢するということも必要です。

暖房にも気をつけて!――冬の対策

身体にも髪にも過酷な夏ですが、では冬はいいのかといえば、冬は冬で抜け毛しやすい季節となっています。
冷房でも触れたように、乾燥は髪の大敵。ただでさえ空気が乾燥している冬は、暖房を点けることで室内はさらにカラカラに乾いています。
そんな室内に長時間いてしまう冬もまた、頭皮がカサカサに乾いてしまい、抜け毛が促進される時期なのです。
ただ、冬の場合の注意は乾燥だけですから、夏よりは対応しやすいかもしれません。加湿器などは抜け毛予防の救世主となるでしょう。濡れたタオルや洗濯物を部屋に干すことも効果があります。
また、金魚鉢など水の入っているものを部屋に置いたり、時々霧吹きで空気中に水分を補ってやるだけでも、室内の乾燥を軽減することができます。
水栽培の植物もいいですね。観葉植物なら、水分を蒸発させる役目の葉の大きな種類が理想です。
冬は屋外も乾燥していますから、外出時は帽子などで髪を守ってあげたほうがいいでしょう。

冷房・暖房の攻撃から大事な髪を守る

このように、夏や冬は抜け毛が心配な季節です。「暑い」「寒い」と文句ばかり言っていないで、髪の健康のことも考えながら行動したほうがよさそうです。
冷房も暖房も生活には欠かせません。使わないでいることは不可能なので、あまり使いすぎないことを考えるべきなのです。節約にもなりますし、抜け毛も抑えられます。
特に保湿は大事です。最近は保湿に特化したシャンプーなども発売されていますから、そうしたアイテムを有効に使って、抜け毛防止に努めましょう。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛