薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

薄毛はどんなヘアスタイルが似合うのか

  • 公開日:2017.02.28

薄毛でもっとも困ることは、どんなヘアスタイルにするのかということでしょう。
髪が豊富であればどうにでもなりますし、いっそすっかりスキンヘッドなら髪型で悩むこともなくなるのですが、薄毛という中途半端な髪の量でできるヘアスタイルには限りがあります。
そこには「薄毛なりにかっこよく見せたい」とか「薄毛を感じさせない」という、ささやかながらも切実な思いも加わるはずです。
昔は価値観が画一化したところがあって、かっこいい髪型とかっこ悪い髪型がしっかりカテゴライズされていましたが、現在は多様性が認められる時代。
いろいろな「かっこいい」が許容されています。
できる髪型が限られている薄毛の人にとって、オリジナルのかっこよさを出してもいい現在は、昔よりもずっと恵まれているといえるでしょう。
しかし、薄毛でもそれなりに見た目のいいヘアスタイルには、どんなものがあるのでしょう・・・。

男性は短く、清潔感で勝負!

薄毛はどうしても男性の割合が多くなります。
抜け毛が男性ホルモンと関係が強いので、どうしようもありません。
でも、メキシコなどでははげている人のほうが、「男らしい」と女性にモテるという話もあるようですし、薄毛を逆に男っぽさ、ワイルドさに見せられれば、
いいヘアスタイルといえそうです。
男性の場合、やはりショートにするのがおすすめです。ボリュームのない長髪は貧相に見えますし、短いほうが薄い部分が目立ちにくいという効果もあります。
基本は、今風のボウズにすることです。サイド、バックを短く刈り上げて、
トップをナチュラルに立てたり、後ろに流れるようにしてみたり、
あるいはモヒカン風にまとめてみたりと、アクセントをつけるのです。
清潔感があり、女性受けも悪くありません。
ちょっと凝りたい人は、襟足だけを伸ばすウルフスタイルにするとか、
トップを長めにして流したツーブロックにするとか、独特なヘアスタイルも楽しめます。
短いと洗髪や手入れが楽なのも利点。セットもワックスやジェルでちょいちょいと整えるだけで済みますから、余裕もできるでしょう。
最近ではタレントやスポーツ選手にもよく見られるヘアスタイルなので、
参考になることも多いと思います。

女性はボリュームアップに頑張ろう

男性ほどではありませんが、女性でも薄毛の人はいます。
なにしろ「髪は女の命」と言うくらいですから、男性より深刻かもしれません。
女性はさすがにベリーショートにはしにくいところがあります。ただ、髪の量、長さは男性よりもあるので、いろいろとアレンジして薄毛をカバーすることができます。
一番に考えるのは、ボリュームということになるでしょう。
髪がペタッとなっているのはいただけませんね。
太いロットで毛先をふわりとさせ、全体的にウェーブをかけた感じにすると、
ボリューム感がでるでしょう。
ボブカットなどを上手に作れると、薄毛を感じさせにくくなります。
セッティングは少し手間がかかるでしょうが、そこは頑張りましょう!
前のほうが寂しいと感じるなら、頭頂部辺りの髪もおでこに垂らして、
厚みを持たせるのもいい方法です。
逆におでこを出してしまい、余った髪をサイドやトップに流す手もあります。
子供っぽさを演出すれば、若く見られる効果もあるとか。
もしも、薄い部分が気になるというのなら、そこを隠すように髪を分けるというのも簡単です。
女性はウィッグやつけ毛もしやすいので、それで隠すこともできます。

ヘアアクセサリーを活用しよう

薄毛でお困りの人は、キャップなどで隠している人も多いでしょう。それが一番簡単ですね。
最近はおしゃれなキャップもたくさんあり、男性用でも女性用でも種類は豊富ですから、
「いつも帽子を被っている人」と認識されてしまえば、それでどうにかなることもあります。
しかし、帽子はさすがにおかしいだろうという
シチュエーションとなると、その手は使えません。
そんなときは、ヘアバンド、カチューシャ、ヘアピン、
リボン、シュシュ、エクステなどのアクセサリーが効果を発揮することがあります。
そのアクセサリーで薄い部分を隠すことができますし、
髪をアップさせるための道具としても使えます。
さらに、目立つアクセサリーに自然に視線が行ってしまうことで、
薄毛を目立たなくさせるミスディレクションを引き起こさせる狙いもあります。
「もう相手の心理まで利用してやる!」というほど、薄毛は悩みということなのでしょうが、
効果はともかくおしゃれの一つくらいに考えて、身につけるだけでもいいと思います。

薄毛だって楽しめるのだ!

薄毛はもちろん悩みです。本人はいつも気にしているに違いありません。
しかし、悩んでばかりいてもどうにもなりませんし、余計なストレスは髪にも悪影響です。
薄毛は薄毛として、薄毛なりにおしゃれを楽しむことが大事です。
髪の悩みは誰かと共有しにくいもので、相談もできず、一人で落ち込むことも多いですが、
それで人間性まで魅力がなくなっては意味がありません。
薄毛にめげず、積極的に楽しむ姿勢でいることが、健全な生活を送るコツなのです。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛