薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

ちょっと心配な植毛手術~流れを知れば大丈夫

  • 公開日:2017.02.28

頭皮に自毛、あるいは人工毛を植えこむ植毛は、「やってみたいけれど、ちょっと怖いな」とどうしても考えがちです。
毎日のように自分の頭を鏡に映して、ため息をつくような生活をしているとしても、頭に毛を植えられることに比べたら、まだマシのように思えてしまいます。
恐怖というのは、やはり「よくわからない」ことに起因するのでしょう。
未知のものは恐ろしいに決まっています。ですからここでは、植毛手術の一般的な流れを説明していきます。
手術前、手術、手術後という順で、植毛のことをおおよそにでも知ることが、手術に踏み切る決心をする第一歩となるはずです。
医院によって多少の違いはありますが、だいたいこういう感じであると予習しておけば、余裕を持って臨めるでしょう。

最初のカウンセリングが重要

当たり前ですが植毛にも準備があります。いきなり手術なんてするわけありません。まずは頭皮を診察し、毛髪の状態を確認します。自毛の植毛をしたくても、残っている自毛が元気な状態でなければ、あるいは薄い部分の頭皮状態が悪ければ、自毛植毛そのものが無理になることもあります。逆に、頭を専門的にチェックしてもらうことで、生活環境や食べ物を改善するだけで、薄毛を解決できそうなのが判明することだってあるのです。
医師が処方する薬を使うだけでじゅうぶんということもあります。
それなら手術しないで御の字ということも。
「まずは専門医に相談を」というのは、こういうプロの目で診断を仰ぐことがいかに大切かということを知らせているわけですね。
手術すると決まれば、そこから手術の流れを説明されます。ここで不明点や不安なこと、費用、手術法などをしっかりと聞いておくのがいいでしょう。
質問事項を事前にまとめておくと安心かもしれません。
とにかく、自分が納得できるまで話し合うことが一番です。
受け答えがしっかりしているか、説明がはっきりしないか、医師を判断する材料にもなります。
心配になったら、他所の病院に行ってもいいと割り切って、質問事項をしっかり聞いておくことでトラブルも防ぎやすくなります。

手術の方法も考えるべきだ!

さて、ついに手術の話。ここがとても心配なところです。
まず、移植する元気な毛髪を採取しなければなりません。
これらは後頭部や側頭部から持ってきますが、手術範囲が広ければ広いほど、多くの毛が必要になります。ただでさえ残り少ない毛髪ですから、持ってこられる量にも限度があります。足りなければ、医師のほうから人工毛を勧められるでしょう。
また、抜け毛というのは進行性であるために、将来状態が変わってきます。例えば、生え際が後退したからそこに植毛したとしても、髪の後退はどんどん進んでいくわけで、植毛された部分だけが飛び地のように残り、途中から薄くなってゆくというおかしなことになりかねません。医師はそのようなことも計算して、プランを立ててゆきます。
そうして費用を算出し、提示するでしょう。
お金の問題はやっかいなので、あまりとやかく言うのもみみっちい気もしますが、遠慮せずに特にしっかり話しておきたいものです。植毛手術には、頭皮に穴を開けてそこに毛を植えてゆくものや、メスで切った箇所に植えるものなどがあります。患者側が要望できる場合もありますし、医院からこの方法でやるという場合もあります。どの方法も特に差はないのですが、希望があるのなら医師に話しておくといいでしょう。

術後のケアも怠るなかれ

手術の前後にも注意事項があります。手術前はアルコールを控えるとか、手術当日はちゃんとシャンプーするとか、それほど難しくもない一般的なことです。
ただし、手術後は少し面倒です。もちろん、術後の安静という意味で、一週間くらいは洗髪できないとかの注意もあるのですが、植毛というのは髪を定着させなくてはいけないので、アフターケア次第というところがあります。
せっかく植毛しても、普段の手入れが悪いままだと、髪はやっぱり育ちません。毎年花を咲かせる植物を育てるのと同様に、毎日の手入れはずっとしていかなくては、そのうちに枯れてしまうこともあるのです。やはり、いくら植毛で髪のフサフサを取り戻したとしても、その後のケアで守ってゆかなくてはいけないのですね。
人によっては術後、頭皮にかゆみや痛みを感じたり、腫れが出ることがあります。これらは風邪のときの発熱みたいなもので心配はないものです。植毛は感染症などが起こりにくい手術なのですが、ひどい場合は医師に相談してみてもいいでしょう。

「まず相談」の一歩を踏み出そう

手術の流れをざっと見てきました。いかがでしたでしょうか。
手術はどんな簡単なものであっても、できればやりたくないものです。
楽しい気持ちで受けられません。でも流れを知ることで、一生ついてくる薄毛の悩みに、ウジウジしているくらいなら「相談だけでも行ってみよう」という気持ちを後押ししてくれるきっかけにはなったと思います。
いくらかでもその流れを知っておけば、医師に相談するのにも敷居が低くなるでしょうし、
手術の恐怖心も薄れるのではないかと思います。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛