薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

植毛手術の種類~あらゆるタイプをまとめてご紹介!~

  • 人工毛植毛
  • 手術
  • 植毛
  • 植毛手術
  • 公開日:2017.01.12

「植毛手術」は、その言葉のとおり「手術」という外科的な治療によって頭皮に毛髪を植え付けることで、薄毛を解消します。「手術」と聞くと、少し胸がソワソワしてしまう方もいるのではないでしょうか。植毛手術を行っている間は麻酔を使用するので、痛くありません。その後、麻酔が切れそうなタイミングを迎えると、しばらく痛みがでることになります。植毛を施す本数によって治療にかかる所要時間が異なりますが、平均すると約5~6時間程度かかることが多いようです。入院しなくても、日帰りの手術で受けられます。

植毛手術は、使用する毛髪の種類によって大きく2つに分けられます。ひとつは、自分の頭部に生えている毛髪を薄毛部分に移動させて植えつける「自毛植毛」、もうひとつは、ポリエステルやナイロンで作られた人工毛を頭皮に植えつける「人工毛植毛」です。 それぞれの植毛手術にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。また、どのような毛髪を使って植毛をするのでしょうか。毛髪のクオリティなど、植毛手術の特徴についてまとめてみましょう。

人工毛植毛のメリットとデメリット、その特徴は?

「人工毛植毛」は、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維を材料につくられた人工毛を頭皮に植えこんでいく増毛の方法です。近年は、人工毛のクオリティは上がっていて、髪色や髪質はとてもナチュラル。自然毛に近いクオリティの人工毛もあります。
人工毛では、思い通りの長さや量の毛髪を作ることができます。また、植毛直後から思い通りの髪型にすることもできます。このように施術後すぐに効果を実感できるという点が、人工毛植毛を行う際のメリットです。
デメリットはどうでしょう。まわりの地毛が成長しても人工毛は植毛した状態から変わらないこと。頭皮から抜けてしまいやすく、一旦抜けてしまうと、残念ながら植毛の効果は終了。毛髪はもう生えてはきません。人工毛植毛の施術を検討する際は、数年後の状況を想像することも忘れないようにしましょう。

自毛植毛のメリットとデメリット、その特徴は?

自毛植毛手術によって薄毛の改善がされる確率は、なんと90%!日本皮膚科学会が発行するAGA診療ガイドにおいてBランクの評価を受けている、成功率の高い薄毛治療の方法です。
メリットとしては、移植には自分の健康な毛髪をするので、手術を行った際、細胞同士が拒絶反応を起こすリスクが低いとされています。また、頭皮に定着した後は普通の毛髪と同じように伸び、抜けた場合もまた生えてくるので、特別なメンテナンスの必要はありません。自費治療なので高額な治療費がかかることになりますが、プロペシア等でAGA治療を継続する場合と比べると、最終的に自毛植毛の治療費用の方が安くなる場合もあるようです。
健康な自毛を移動させるのですから、一度に施術できる本数・範囲は限られてしまいます。また、どの部位からどの部位へどのくらいの面積の毛髪を移植するのかなどをしっかりと計画しなくてはいけません。頭部全体にAGA(男性型脱毛症)が進行している場合など、頭皮の状況次第では、残念ながら移植をすることが難しい場合もあります。

自毛植毛で主流とされている施術方法は、2種類あります。ひとつは、「FUE法」といわれている方法。健康な頭髪からメスを使用することなく2~3本ずつ毛髪を採取して薄毛の部分に植毛していきます。もうひとつは、「FUT法」といわれている方法。メスを使用して健康な頭髪の生えている頭皮を切り取り、そのまま薄毛の部分に植毛していきます。
これらの施術方法のいずれか、または、2種類の施術方法を組み合わせたり、さらに独自の施術を組み合わせたりと、クリニックによって様々な施術方法がとられています。
それぞれの方法について、詳しくみてみましょう。

FUT法について 毛包単位植毛

健康な毛髪の生えている後頭部の頭皮を、およそ1cm×10数cmほど、メスで切り抜きます。そのため、切り取った部分に直線の傷跡ができます。ただし、傷跡は髪の長さによっては隠すことができますし、時間が経つにつれて徐々に目立たなくなります。費用面では、FUE法より抑えられる場合が多いようです。

FUE法について くり抜きグラフト法

メスを使わない代わりにパンチと呼ばれる専用の機材を使って、健康な毛髪を毛根から抜きとります。抜き取った場所は斑模様に見える点々とした跡になりますが、FUT法の傷跡と比べると目立ちにくいといえます。 FUTよりも高額になると考えておいた方がよさそうです。

植毛手術の特徴を理解することが、薄毛治療を成功させる第一歩
どの方法にも共通していえるのは、保険が効かない自主診療の外科手術となるため、費用が高いことです。どの植毛方法にもメリットとデメリットがあります。事前のカウンセリングや診察などを利用して自分の頭皮の状態と希望に沿った治療方法が可能かどうか確認したうえで植毛手術をはじめましょう。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛