薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

dummy

髪の毛に関するQ&A

髪の毛に関するQ&Aをまとめました。

髪の毛って一日に何本抜けているの?何本なら普通?

当然ですが、人間の髪の毛の量には個人差があります。おおよそ10万~15万本の髪の毛が生えているとされていて、これは遺伝・体質によるものなので急に最高量が増えたりはしません。
そして、実は髪の毛は一日で平均100本程抜けています。100本と聞くと「多い!」と思うかもしれませんが、10万~15万のうちの100本ですから、気にしなくて大丈夫です。これはヘアサイクル(毛周期)による自然な現象です。
もちろん、髪の毛が抜けやすい・抜けにくいといった体質がありますから、これもあくまで目安量ですが、頭皮環境に問題がなく、薄毛や抜け毛に悩んでいないような人でも、一日で50~120本は抜けていると言われています。
一日の脱毛のうち、多くはシャンプー時に抜けているようです。濡れた髪の毛がまとまって落ちていると黒々としていて、「こんなに抜けたの?!」と心配になってしまいますが、特段心配するようなことではないんですね。ホルモンバランスの乱れや季節・環境によって、一日の抜け毛が200本ほどに増加することがありますが、これは一時的なものなので、たいていはあまり気にしなくて大丈夫です。一日あたりの抜け毛が300本を超えたら、薄毛症状の前兆かも…。気になるときはクリニックで相談してみましょう。

くせ毛って遺伝するの?

遺伝します。あらゆる遺伝は、その性質の出やすさから「優性」「劣性」など分類されますが、基本の髪質において、くせ毛は、ストレートな髪の毛に対して優性のため、その性質が原則あらわれます。
両親共にストレートな髪の毛の場合は、子供がくせ毛になることはほぼほぼありません。くせ毛の遺伝は優性のため、その遺伝を持っていると必ずくせ毛になります。ストレートな髪の毛ということは、くせ毛の遺伝を持っていないということになるのです。父親か母親どちらかがくせ毛の場合、または、両親共にくせ毛の場合は、高確率でのその子供はくせ毛になります。
ストレートであったりくせがあったりなどの髪質以外にも、髪の毛の太さや色、全体量なども遺伝によるところが圧倒的に大きいとされています。
他にも、体質遺伝のためにくせ毛が発症するケースも考えられています。“生活習慣の乱れやホルモンバランスの異常化が要因で、後天的にくせ毛になってしまう“という体質を受け継いでいれば、ストレートな髪の毛にだんだんくせ毛の兆候があらわれてくることもあるようです。

髪質って加齢とともに変わる?

女性も男性も、遺伝によるもとは別に、加齢に伴って髪の毛が細く弱くなっていくことがあります。遺伝による薄毛やAGAの症状に悩まされないとしても、加齢によって髪質も少なからず変化していくようです。
そもそも、健康で美しい髪の毛を保っているのは、女性ホルモンです。女性ホルモンは太くて健康で、そして抜けにくい髪の毛を作ります。女性がハゲにくいのは、この女性ホルモンが優勢なためです。
加齢に伴う髪質の変化が、女性に現れやすいのもこのためです。女性ホルモンは、加齢に伴って少しずつ減少していきます。女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンのほうが優勢になると、髪の毛を美しく保とうとする女性ホルモンの効果がうまく働かず、髪の毛が細く弱弱しくなってしまったり、コシのない柔らかい髪の毛になってしまったりするのです。加齢による髪質の変化をエイジングケアするシャンプーなどもありますので、加齢による髪質の変化のお悩みの方はぜひ検討してみてください!

ノンシリコンシャンプーが髪の毛に良いって本当?

シリコンとは、髪の毛のキューティクルをコーティングしてツヤを出す効果のある人工物です。シャンプーにこのシリコンが含まれていると、髪の毛一本一本がシリコンに包まれ、洗う時に指通りがするするとなめらかになったり、髪の毛が広がらずにしっとりまとまったりしますが、使用し続けるとシリコンが毛穴につまり頭皮のべたつきにつながると言われています。汚れを洗浄する、といった点では、ノンシリコンシャンプーで十分ですし、毛穴づまりの心配がなく頭皮に優しいのはノンシリコンシャンプーなんですね。
シャンプーの香りやあるいはボトルのデザインなど、シンプルな好き嫌いであったり、目に見える特徴などで選びがちなシャンプーですが、ぜひ、シリコンを含んでいるシャンプーなのかという点にも、着目してみてください!

ヘアサイクル(毛周期)って何?

ヘアサイクル(毛周期)は、1本1本の髪の毛の寿命です。新陳代謝の中で、髪の毛も抜けたり生えたりを繰り返しています。ヘアサイクル(毛周期)は、成長期・退行期・休止期の三段階に分けられており、成長期が2~6年と最も長く、髪の毛のほとんどはこの成長期の段階にあります。そのため成長期は、さらに早期・中期・後期と細かく分けられています。髪の毛が生え、どんどん伸びていく成長期、成長程度が弱まり、毛根が小さく退化していく退行期、そして退化しきった毛根が毛穴から抜け、脱毛する休止期といったサイクルで髪の毛は生えたり抜けたりしているのです。

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛