薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

dummy

頭皮に関するQ&A

頭皮に関するQ&Aをまとめました。

頭皮マッサージのやりかたは?

頭皮に限らず、マッサージでは凝りをほぐして、血行の促進を目指します。でも、凝りをほぐそう柔らかくしよう、と力尽くでマッサージをおこなってしまっては逆効果です。しかも頭皮マッサージの場合は、むやみにマッサージしてしまっては、寿命を迎える前の髪の毛も抜けてしまいます。コツを掴めば弱い力でも効果的な頭皮マッサージを行うことができますよ。
頭皮の柔らかさは、こめかみほどの柔らかさが理想とされています。こめかみ辺りから丸く円を描くように、指の腹を使って耳の後ろをほぐし、自分の頭皮の硬さがどの程度なのか確認してみましょう。耳の後ろがほぐれたら、次は血流に沿うように、下から頭頂部へとマッサージを続けましょう。頭皮がじんわりとあたたまってきたらうまくマッサージできている証拠です。
また上記のようなハンドマッサージ以外にも、専用のブラシによるマッサージも効果的です。これならさらに気軽に取り入れることもできますし、効率よくツボを刺激して頭皮の血行促進が図れますよね。

フケは改善できる?

頭皮が極度に乾燥してしまうと、まるでかさぶたのようにカサカサと頭皮が剥がれてしまいます。黒いジャケットなどを着ていると、後ろの襟元に落ちたフケが目立ち、清潔感が損なわれてしまい嫌ですよね。
でも、頭皮を保湿することで改善できますよ。保湿効果のあるシャンプーを選ぶようにしたり、ぬるま湯で洗髪するようにしたり、ワックスなどの整髪料の使用を控えることである程度の改善は可能です。それでも改善が見られない場合は、頭皮表面だけでなく、体内面からくる乾燥かもしれません。健康的な生活習慣も意識すると良いでしょう。
さらにフケには、脂性のタイプもあります。粉のように細かくパラパラとした、頭皮の乾燥によるフケとは異なり、ベタベタしていて、厚みもあるのが特徴です。この場合は、「脂漏性皮膚炎」の可能性もありますので、しっかりと病院での治療を受けることをオススメします。

頭皮も日焼けする?

頭皮はなんと、体の皮膚よりも日焼けしやすい部分です。髪の毛が生え覆われているのであまり自覚はないかもしれませんが、頭皮は体のてっぺんですし、紫外線を浴びやすく、さらに分け目ともなれば、日々の生活で知らないうちにどんどん紫外線を浴びてしまっています。
頭皮も皮膚ですので、日焼けした場合のケア方法も体の皮膚と一緒で、なにより冷やすことが欠かせません。日焼けによるヒリヒリとした熱さや痛みは、頭皮が軽いやけどを起こしている証拠です。冷たいタオルを頭に乗せ、タオルがぬるくなってきたらまた冷やして、熱さや痛みが落ち着くまでしっかりと冷やしましょう。
症状がひどく、シャンプーがしみたりドライヤーの風が痛かったりする場合は、皮膚科を受診するのが無難でしょう。

頭皮も老化する?

頭皮も老化します。髪の毛に覆われて、きちんと自分の目で確認できないため、なかなか実感は沸きにくいですが、頭皮も皮膚ですので、顔や体の肌と同じように加齢に伴い老化していきます。頭皮の老化は、髪質に影響したり、薄毛や抜け毛に繋がったりします。
でも!頭皮も皮膚である以上、顔や体の肌と同じようにアンチエイジングケアをおこなうことで、頭皮の老化を改善したり、老化の進行を食い止めたり、老化のスピードをゆるやかにさせることが可能です。
頭皮の老化の内的要因としては、血行不良や皮脂量コントロールの乱れなどがあります。頭皮マッサージを取り入れたり、食生活や生活リズムの見直すことで、改善に繋がります。また、頭皮の老化には外的要因もあります。髪を染めたりパーマをかけたり、ワックスなどの整髪料を使用したりしていると、頭皮の老化を早めてしまいます。なるべく控えるようにしましょう。

頭皮環境ってなに?

薄毛や抜け毛の悩みがない人には、あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、「頭皮環境」は、あらゆる薄毛・抜け毛の症状や頭皮の炎症などを紐解くために欠かせないキーワードです。薄毛や抜け毛に悩み、インターネットなどでその原因や対策を調べたことのある人は、おそらくどのサイトでも見かけた言葉ではないでしょうか?頭皮環境を良好に保ったり、改善したりすることが、薄毛や抜け毛症状の改善につながります。健康な髪の毛は、健康な頭皮から生えてくるのです。
一般的に理想的な頭皮環境は、青白くこめかみほどの柔らかさとされています。
青白い頭皮が理想的というと驚く人もいるかもしれませんが、血行が良く、潤いも保っている頭皮は青白い色をしています。そして忘れてはいけないのが、頭皮の柔らかさ。頭皮が硬くなるのは血行不良のためです。また柔らかすぎる頭皮はむくんでいる証拠です。頭皮マッサージを取り入れ、こめかみほどの柔らかさを目指しましょう。
頭皮にも肌質があり、そのため引き起こる頭皮環境の悪化パターンにも個人差があります。気になる場合は、専門家に見てもらいましょう!

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛