薄毛・植毛の悩みに関するあらゆる情報が満載!

植毛と増毛、どう違う?どっちがいい?

  • 公開日:2017.02.27

薄毛の悩みは深刻です。命にかかわるような重大さはないといっても、本人にとってはほとんど死活問題と変わらぬ悩みとなります。
髪の毛を失うということは、見た目の悪さだけではなく、どこか若さの象徴とか、人間の尊厳さえ失ってしまったような気がするのかもしれません。
そして悩んで、また毛が抜けるという悪循環。
アリ地獄にはまったような諦観にもなってしまいます。
昔ですと、それらの問題の解決策となるものは、カツラでした。
帽子のように被るだけでよく、簡単なのはいいのですが、ずれたり外れたりと、
どうしても活動に支障をきたすのが難点でした。
最近では植毛も簡単になり、そちらのほうが主流のようです。
ところで、植毛の他にもよく聞く言葉で「増毛」があります。
これらは漢字からもわかるように、「毛を植える」と「毛を増やす」の違いですが、
まったく違うものです。いったい、なにが違うのでしょうか。

植毛は頭皮に毛を埋め込む手術

「毛を植える」の植毛は、文字通り薄くなった箇所に毛を植えるものです。
植える毛には自毛と人工毛があります。
自毛は抜け毛につながる男性ホルモンの影響を受けにくい、後頭部や側頭部の毛を使います。
それらは前頭部や頭頂部の髪に比べると抜けにくい特質があり、
言ってみれば元気な毛髪を密度の薄い部分へ「植え替え」するわけです。
自毛なので、毛根がしっかりと根付いてくれれば、
抜けてもまた生えてくるという普通の髪になってくれます。
人工毛はナイロンやポリエステルといった合成繊維のもので、
髪を育てるという手間は要りませんが、根付くわけではないので抜けやすく、
人工物を埋め込むことによる身体の拒絶反応などによる弊害も危ぶまれます。
このように、植毛は薄くなった箇所に「毛を植える」ことで、
自毛であれ人工毛であれ、植える手術が必要です。
自分の頭の上で、田植えをするイメージでしょうか。そうしたイメージから
手術に対して恐怖心のような感じを受けやすく、
躊躇してしまう人も多いといわれています。
頭にメスを入れるので少し心配ですよね。それでも最近は植毛についての知識も増え、一般的にもなっていることから、恐怖心は少しずつ薄れ、手術に踏み切る人も増えてきています。

植毛より楽だが、デメリットもある増毛

植毛に比べると、増毛はずいぶんとソフトな手段です。
増毛は現在残っている毛髪に人工毛を結びつけたり、頭皮の上に作った糸の土台に人工毛の束を編み込んだり、人工毛が植えられた透明のシートを貼りつけるやり方になります。
手術のような大掛かりなものではなく、髪の総量を増やすことでボリュームアップをして、フサフサに見せる施術ということになります。
すぐに自分がなりたいヘアスタイルになることが可能で、毛髪が全体的に一体感があり、不自然な印象を持たれることも防げます。
これはカツラの、動きやシャンプーに弱いという欠点を補い、ずっと簡単で確実な方法なのですが、やはり月に一度くらいは定期的にメンテナンスを行う必要があります。
また、髪や頭皮への負担はどうしてもかかってしまうために、人工毛を結ばれた自毛の抜け毛の増加、シートで密封された頭皮の炎症というような弊害もあります。

「なりたい自分になる」という選び方

毛髪の悩みには、カツラ、植毛、増毛という手段があります。
カツラは簡単ですが、ズレや強風を気にしなければならないし、植毛は自分の髪のように自由に扱える反面、頭にメスを入れる勇気や術後のケアも考慮しなければなりません。
増毛はその中間に当たりますが、メンテナンスを怠ることができません。
それぞれ一長一短があり、自分はどの方法で髪の悩みから
解放されるのがいいのか迷ってしまいますね。
何にするか、というのはライフスタイルや経済力などを考えて、
もっとも自分にとって理想的なものを選ぶとしか言いようがないのですが、
決め手となるのは「自分がどういう人間になりたいのか」ということに尽きると思います。
スポーツに励みたいのならカツラはやめる。後々、自前の髪を取り戻したいのなら自毛の植毛。
というように、なりたい自分を想定してから決めるのがいいでしょう。
髪が薄いせいで好きなことができない人生にならないようにすることこそが、
もっとも重要なことなのです。

植毛が1番いい解決法と言えそう!

植毛と増毛の違い。どの手段にするのがいいのかということについて述べてきましたが、
中でも植毛は最終的な解決策として、一番いいものだと言えそうに思います。
カツラや増毛は安易でいいのですが、やはりその場しのぎの感が拭えません。
もちろん、その場しのぎでも一時的な処置でも悪くはないのですが、
本当に髪の悩みを解決し、未来への不安も払拭できる植毛は、
手術の怖さを考えてもやってみる価値があるような気がします。
もし、あなたがまだ若く、活動年数が長いのであれば、
一気に解決できる植毛を思い切ってやってみってもいいでしょう。
憂いを将来に残さなければ、ずっと不必要な悩みを抱えずに済みます。

カテゴリ一覧

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛

クリニックランキング

  • 育毛
  • AGA治療
  • 植毛